<< 他人の●●●●●を利用して毎日9750円を受け取り続ける方法 | main | (続)【ヤフー専用特殊ツール】Yahoo提供無料サービスで現金収入!(即金申請可能) >>

スポンサーサイト

  • 2011.12.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「私」と「我々」

こんにちは(こんばんは) やむちゃです。

まず、業務連絡。
▼-------------------------------------------▼
ヤフオク商材⇒「会って教える」の被害者の方は、

情報商材暴露本舗〜第二章〜
http://ameblo.jp/bakurohonpo/

までご連絡下さい。
鉄槌を下す時がきました。
泣き寝入りせず、勇気を出して下さい。
▲-------------------------------------------▲

今日は雑記的なお話。

昨日のとある顧客とのミーティングでの事。

私の会社も含め3社のベンダーさんが、
現在のプロジェクトの進捗状況を、
各社のリーダーの方が代表で、クライアントに報告する会議での事。、

私の会社の状況を報告を終え、残り2社といういつものパターン。

いつもは、特に何も考えず、他社の報告を聞いているのですが、
今日は、数日前に、ある人に聞いた事があり、
それに注意して話を聞いていました。

それは、
「私」「我々」という言葉。

この2社のリーダーの方は、真逆な性格な方で、
お1人は、全く融通が利かない自己中心的な方で、
自社(というより自分)の考えや、方針を押しつけようとする方。
何か問題が起こっても、自社で対応するのは、
「費用がもの凄くかかる」
とか
「現実的ではない」
等々、とにかく、「皆で協力して」なんて気はさらさらない典型的な自己中人間。

さらに、こちらの検討不足なので、自社にも影響ありそうな事案が発生すると
「鬼の首」をとったかの如く、迷惑千万といった調子。
はっきり言って、最も仕事がやりにくいタイプです。

自社の進捗に遅れが発生している場合は、
会議に同行している自分の部下の事を、
「お前が私の指示した通りにやっていないからだ」と、
自分には責任がない事をアピールするかの如く、会議の席で、怒り出す始末。
かつ、自分はプロジェクトの事を全て知っていないと気がすまないらしく、
関係ない話まで、首を突っ込んできたり。

このリーダーの下で働くのは、大変だろうとなぁ・・といつも感じています。

そして、もう一方の会社のリーダーの方は、
ホント正反対な方で、非常に協力的で、
何か問題が発生した場合でも、プロジェクト全体の事を考え、
自社で対応するのが最もベストな選択肢であれば、
迅速に指示を出し、対応してくれる非常に頼りになる方。

また、会議の席でも、できるだけ、部下に話をさせるようにしたり、
常に、相手の事に気を配りつつ、皆で仕事を進めていこうという気概に溢れ、
仕事をやる上では、非常にやりやすいタイプ。
部下に信頼されているのも、手に取るようにわかります。

まず、自己中の御仁は、主語に、「私が」が非常に多い。
一方、気配りの御仁は、主語に、「我々」が非常に多い。

という事に気がつきました。

「私が」を主語にする方は、いわゆる自己中心的な方が多いそうです。
もっと言えば、自分の考えを相手に押しつけるタイプですね。
こういった方の下で働いたりすると、自分の意見が通らない事が多いので、
いわゆる、「Yesまん」になり、自分で考える事を止めてしまうかもしれません。
つまり、成長そのものが止まってしまう可能性もあるわけです。

こういった方が会社のトップであったらどうでしょうか?

その方に物凄い求心力があり、会社の経営が順風満帆の時はいいですが、
いざ、経営が傾いてきたら、自身の判断が誤っていたとしても、
他人に意見には耳を傾けないわかですから、
坂道を転げ落ちるように、衰退していく事にもなりかねません。
つまり、自分がこけたら ⇒ ビジネスも終焉を迎えるという事です。
いわゆる、カリスマ経営者が存在する企業がこのタイプですね。

一方の、「我々」を主語にする方は、気配り型の方が多いとの事、

仲間全員の意見を尊重し、物事を決めていく事になるので、
意見がなかなか決まらないという懸念はありますが、
ビジネスに参加している方々のモチベーションは間違いなくあがり、
個々のスキルアップにもつながっていく事になります。

ここで、自分自身がなんらかの理由により、
ビジネスが出来なくなったり、あるいは、
他のビジネスにチャレンジしようとしても、、
仲間やスタッフが成長しているので、何ら問題なくビジネスは継続していけます。

さて、ネットビジネスで稼ごうと思っている方は、
どちらのタイプがいいんでしょうか?

以下、私見ですが、
ある時期までは、自己中型でもいいとは思います。
しかし、ある程度ビジネスが軌道にのってきたら、
気配り型へシフトしていくのがベターなのかと思います。

皆さんは、「私」あるいは、「我々」どちらを使っている事が多いですか?

-----------------------------------------------------------
情報商材の事で相談(購入前、購入後)
したい事があれば、なんでも、遠慮なく、ご相談下さい。
サイトバーのプロフィールの欄に、私のメールアドレスが書いてあります。

-----------------------------------------------------------

by やむちゃ

スポンサーサイト

  • 2011.12.23 Friday
  • -
  • 23:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
プロフィール
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM