<< 近代兵器 VS 原始人 〜●●●市場独占プロジェクト〜 | main | まず、調べてみる・・・ >>

スポンサーサイト

  • 2011.12.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


個人情報を公開するという事

こんにちは(こんばんは) やむちゃです。

少し前のエントリのこちらの記事。

月額費用・・(1万円が何回も振り込まれるビジネス--実践者?)

ますます、実践者と思われる方が増えているようです。
現在の所、ざっと、検索してみると、16サイトほどありますね。

まだ、ASPには未登録のサイトもあるようですが、
同じ内容の商材ばかり販売して、本気で売れると思っているのでしょうか?

そもそも、これら全ての商材を、普通に審査を通過させるとしたら、
ASPにも問題ありだと思いますが・・・
(とりあえず、審査ないのか・・苦笑)

勿論、こんな商材を販売するようなビジネスモデルを、
商材にして販売するというのも、問題です。

ただ、実践する事により、皆さん特商法の標記に、ご自分の、
名前/住所/電話番号等々の個人情報を公開されていますが、
これが、非常にリスクが高い行為であるという事を認識していらっしゃるのでしょうか?

レターに、個人情報を公開するなんて事は触れられていないので、
商材を購入前には知る由もないので、やむなしでは・・・あります。

とは言っても、商材実践者自身が、自分の意志で、
個人情報を公開しているという事には、間違いないわけです。

そんな事言ったって、商材を購入してしまった以上、

「やるしかない」んですが・・・という事ですよね。

まあ、それは、そうかもしれませんし、わからないではないですが、
まず、以下の点を再認識して下さい。

まず、情報商材として販売し、ご自身の名前、住所、電話番号等々を、
特商法に記載しているという事は、
相応の責任が発生しているという事です。

商材購入者に対してのサポートは勿論の事ですが、
商材購入者全ての方が、満足するとは限りませんから、
クレーム対応もありますね。

クレームを極力防ぐためにも、
最低限、ご自身が販売する商材について、
事前に精査することが必須なのは当然です。

また、商材の内容そのものに問題があったりすると、
クレームの嵐になり、時には、詐欺師呼ばわれされたり、
色々のブログや掲示板等で叩かれたり・・と、大変な事になります。

そして、怒った購入者が、販売者に対して、なんらかの報復を
行う事も十分考えられる事です。

上記のような事態が発生した場合、対応する方策あるいは、
準備はありますか?


商材が全く売れなければ、このような懸念はありませんが・・・(笑)

そして、もう一点考慮しておかなければならない事。

それは、自分の全く感知しない所で、
勝手に個人情報が使われる可能性です。

ご自分の知らない所で、勝手に名義や住所を使われ、
詐欺的商材のプレナーに仕立て上げられていたら・・・
全く、洒落になりません。
下手したら、自分の身に危険が及ぶなんて可能性も否定できないわけです。

こういったトラブルに巻きこまれないためにも、
個人情報をネット上で公開する場合、
ご自身に降りかかるであろう事態を十分熟慮した上で、
対応されたほうがいいと思います。


-----------------------------------------------------------
情報商材の事で相談(購入前、購入後)
したい事があれば、なんでも、遠慮なく、ご相談下さい。
サイトバーのプロフィールの欄に、私のメールアドレスが書いてあります。

-----------------------------------------------------------

by やむちゃ

スポンサーサイト

  • 2011.12.23 Friday
  • -
  • 23:56
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
おっしゃるとり半ば詐欺だと気づいても高額を支払っている以上、とりあえず言われるがままにやってみるしかないんでしょうね。

>商材が全く売れなければ、このような懸念はありませんが・・・(笑)

なんと言ったらいいんでしょう。
この元の商材を買う人がいるということは、実践者の商材も購入してしまう人もいる可能性はあるのではないかと懸念します。
詐欺暴露屋 さん>

コメントありがとうございます。

>この元の商材を買う人がいるということは、
>実践者の商材も購入してしまう人もいる可能性はあるのではないかと懸念します。
確かに、そうですね。
こういった事が、業界自体のレベルの低下を招く要因の1つだと思います。

どんなビジネスでもそうですが、そのビジネス分野を牽引していた方々
が存在します。
そういった方々が、次のステージに進むための、道標を示さないといけませんし、
その責任と義務があると、私は思っています。

その意味で、情報商材をいい意味でも悪い意味でも牽引してきた方々の、
意識改革を促したいと・・特に、最近は強く思います。

でないと、そのビジネス分野は、いつまでたっても、底辺のビジネスから抜け出せず、
そして、衰退していくという事になりかねません。
  • 管理人やむちゃ
  • 2010/05/14 2:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
プロフィール
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM