<< ネットオークションで偽情報を売った男を詐欺容疑で逮捕 | main | 某ASPのランキングなんかを・・・(Part2) >>

スポンサーサイト

  • 2011.12.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


E-BOOK白書(イーブック白書)2010-2011/ネットビジネス編

こんにちは(こんばんは) やむちゃです。

今日は、業務連絡的なエントリです。

E-BOOK白書シリーズが発売されました。

E-BOOK白書(イーブック白書)2010-2011/ネットビジネス編 (販売ページ直リンク)
販売者:経済新報株式会社
販売スタンド:インフォカート


前回はギャンブル編でしたが、今回はネットビジネス編です。

レターページを読んで頂ければ、おわかり頂けると思いますが、
2008年1月〜2010年4月迄の、
売れ筋288商材、650万円相当が収録されています。

まあ、読み物として読んで頂く分には損はないのかなぁ・・
と思います。
なかには、実際使えるノウハウもあるかもしれないですし。

また、今後商材を購入する上で、
参考というか指針にして頂くのも良いかもしれません。

私的には、現在の価格が12,000円であろうと、
ネタとして購入するにしては高いと思いますし、
読み物程度の価値しか感じられないので、購入する気はありません。

よって、アフィリもしません。

そもそも、こういった商材が販売されるような状況は
あまり良い事とは思っていませんので。


理由ですか?

業界自体が、ビジネスとして健全な状況であれば、
そもそもこんなものは必要ないと思うからです。

結局、この販売者の方も、
ビジネスになる=儲かる
から、こういった商材を販売しているわけですよね。

E-BOOKも、販売するにあたり、それなりにお金がかかっているでしょう。
それだけのお金をかけても、回収できる見込みがあり、
さらに利益をだせるからこそ、こうして販売していると。

企業も、ボランティアでやってるわけではないでしょうから、
企業として、利益を見込めるものを商売にする・・
というのは当然の事です。

つまり、需要があるから供給すると。

この"需要がある”という部分が、逆に、情報商材の闇の部分を、
浮き彫りにしているようで、なんか、個人的には、
寂しさを感じてしまいます。

まあ、

「綺麗事や理想論では、ビジネスはできない」
「儲かる時に儲けなくて、どうすんの・・」


って意見も、確かにそうなんですが、

E-BOOKのようなものが発売され、
実際売れているという事実を見るにつけ、
業界そのものが、あまり変わっていない現実を突き付けられているような気がして、
ある種、虚しさを感じてしまいます。

これについては、書きはじめると長くなりそうなので、
また、別の機会に記事にしたいと思います。

とにかく、
この販売者は、割と早いタイミングで値上げをすると思われるので、
レターページを良くお読みになり、価値が感じられるあるいは興味のある方は、
他のレビューサイトから購入される事をお勧めします。
特典なんかもつきますし。

以上、業務連絡でした。

-----------------------------------------------------------
情報商材の事で相談(購入前、購入後)
したい事があれば、なんでも、遠慮なく、ご相談下さい。
サイトバーのプロフィールの欄に、私のメールアドレスが書いてあります。

-----------------------------------------------------------

by やむちゃ

スポンサーサイト

  • 2011.12.23 Friday
  • -
  • 23:59
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
プロフィール
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM